オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
スーツの男性

名刺の発注については、まさに各社各様で色々な方法で処理されています。
名刺は、どの会社でも必須のビジネスアイテムで、手持ちがなくなるとすぐにでも欲しいものです。
たまに聞く言葉として、「名刺を切らしています。
」がありますが、これは明らかにマナー違反となりますので注意が必要です。
実際には、そんな言葉の裏には本人の注意不足もありますが、名刺の発注時の納期管理に問題がある場合も考えられます。
本人が思っている以上に処理が長くかかり、納期が守られていないとか、校正確認を忘れていてもフォローがなかったりと、しくみ自体が盲点になることもあります。

では、効率的に名刺を発注するためにはどうしたら良いでしょうか。それは、名刺を発注して届くまでの間の人の介入を極力省くことが必要です。
具体的には、部署名や役職名等の記入項目の確認を、処理部門担当者が実施して、間違っていると社内便にて申請用紙が返却されたりすると、とても時間がかかってしまいます。
校正も同様に、一度本人に確認を依頼することが、効率の悪さの原因となっています。
こうした人手の処理作業を、全てその機能の中に取り込んでいる発注管理システムを利用すると、効率が飛躍的に向上して、介在している人員の省力化や納期の短縮につながります。
その発注管理システムは、アプリケーションサービスプロバイダー(ASP)が取り扱っていますので、一歩踏み込んで名詞発注管理業務の現状を見直して効率化を推進する意味で、一度、システムの導入を検討されてみてはいかがですか。

名刺交換するサラリーマン

名刺は挨拶をする際に仕事上では不可欠のものです。
相手に覚えてもらい、何かがあったときに連絡先を調べてもらう手段として名刺はいつも役に立ちます。
自分の姿や会社の姿を象徴するものでもあるため、どうしてもそのデザインはすばらしいオリジナリティーにあふれたものにしようと躍起になって名刺作りにいそしむのではないでしょうか。
しかし、その作成作業には何時間もかかりますし、印刷してみて色合いが違うとか微妙にレイアウトを変えたいなどと考えていくと何枚も無駄に印刷してしまうことになり、到底効率的で良い作業になるとは言えません。

効率かも目指すのであれば、専門家に発注してしまうのが吉です。名刺のレイアウト等が画一化されていてオリジナリティーを出すことができないと考えるかもしれませんが、自由にロゴを入れたり、フォントサイズを変えたり、絵柄を挿入したりと、発注すれば臨機応変に専門のデザイナーが対応してくれます。
テンプレートから外れれば外れるほど技術料が高くつく可能性はありますが、それでも全体の作業を効率化し、かつ美しい名刺を作成することができます。
発注による名刺作成のもう一つの利点として、増刷が必要になった場合にも連絡一つで増刷してもらえるという点です。
数十枚、百枚といった印刷を個人で行うと大変ですが、発注してしまえばそこまですべて連絡一つで済ませてくれます。
名刺の発注をうまくつかいこなせば肩書きがかわるたびに必要になる作成作業も効率化されて良いと思います。

WEB発注は、WEBで内容などを操作できるため、校正の度に業者と話し合いをしなければならないという手間が省ける利点が注目されています。
また、発注時にイメージ図が出るものもあり、視覚的に確認するのが容易であることも、デジタルで作成するメリットと言えるでしょう。
名刺には、個人情報がたくさん載っています。
それは交換するだけで一度に相手の情報を得られるというメリットはありますが、慎重な管理も要求されてきます。
管理においても効率が求められます。
効率よく整理するために、専用のフォルダーやケースなどのグッズがありますが、管理の面においても、デジタルが普及しつつあります。
名刺管理を行えるソフトが存在し、スキャンするだけで情報を取り込めるもの、さらにはアプリによってスキャナなしに読み取りを行えるものも出ていますので、自分に合った方法を利用して効率を上げましょう。